アーユルヴェーダやインド哲学、つれづれ日記


by yumi-ayurveda
e0211877_0483077.jpg



前回までは新婦の家で行う結婚の儀式についてお伝えしました。

今回は新郎の家で行う続きの儀式をお伝えします。
最後に至るまで、とても意義のあるすてきな結婚式をお楽しみください☆

9 グルハ・プラヴェーシャ 新郎の家の玄関に米の穂が入った壷を置いておきます。新婦は右足から玄関に入り、その壷を足でそっと触れます。これは、新婦の姿のラクシュミー神が家へやってきた、という意味が含まれています。新婦は繁栄の象徴、ラクシュミー神として迎え入れられます。
新婦はマントラを唱えます。
「私はこの家の繁栄のためにやってきました。私はこの家の家族の一員です」
新郎は新婦の家から持ってきたヤジュニャ(儀式)の火を持って家に入ります。このヤジュニャを生涯続けていきます、という意味があります。

10 プラビッシャ・ホーマ ホーマは日本で言う「護摩」です。様々な神々・女神に祈ります。
「この家にたくさんの牛が生まれて牛乳やギーを得られますように。そうすれば護摩を続けられます。
たくさんの富に恵まれますように。そうすればお布施ができます。
食べ物に困りませんように。そうすればたくさんの人に与えられます。
畑の野菜や果物がたくさんなりますように。そうすればヤジュニャが続けられます。」

結婚した二人は沈黙を夜まで守ります。
そして、夜一緒に外へ出て、北極星(ドゥルヴァ)を見ます。

11 ドゥルヴァ・ダルシャナム 「ドゥルヴァ」は北極星、「ダルシャナム」は見るという意味です。
「あなたは宇宙の中心にいて安定しています。私たちも不動のものにしてください。邪魔されずにまっすぐ歩いていけますように。私たちは人間なので問題はやってきます。しかし、あなたの助けで不動になれます」

12 アルンダティ・ダルシャナム 次に、サプタリシ(北斗七星のこと。7人の聖者を表す)に挨拶をします。そして、サプタリシのうちのヴァシシュタ仙を表す星の近くにある、ヴァシシュタ仙の奥さんを現す星、アルンダティにも祈ります。
「あなたは旦那様と一緒にダルマを果たしています。あなたのように夫婦一緒にダルマを果たせますように。私たちにどうぞ祝福を与えてください」
他の6人の聖者の奥さんはクリティカ(すばる)として輝いています。
クリティカも2人で崇拝します。

13 パラスパラ・サンミャクシャナム 「パラスパラ」お互いに、「サンミャクシャナム」見つめるという意味です。
沈黙をとき、お互いに見つめて、話はじめます。「サンミャクシャナム」とは、相手の心まで見るということです。
そして、新婦はマントラを唱えます。
「あなたは苦行からお生まれになり、今日までその苦行を続けてこられました。
あなたはまた私の子供として生まれてきてください。
私の中でタパス(苦行)をし、子供として生まれてきてください」
新郎も唱えます。
「私たちの愛がいつまでも続いていきますように。
すばらしい子供を授かれますように。
ずっとヤジュニャを続けられますように。
一緒に神々になれますように」
生涯一緒にいよう、子供を授かろう、生涯ヤジュニャを捧げようと二人で決めます。

これで、長い儀式が一通り終わります。
このあと4日間禁欲を守り、その後本当に一緒になります。

これが、インドの伝統的な結婚式です。

ひとつひとつの儀式には、結婚にたいする深い意味が含まれています。
これを行っていくことで、より二人の関係性を明らかにし、人々や神々からの祝福を受けます。

日本ではこのような結婚式はとても難しいですが、その内容に含まれるエッセンスを分かち合えればいいなと思います。

写真「バーガヴァタプラーナ:下」バラマサ・カールティカ

[PR]
# by yumi-ayurveda | 2014-03-27 07:47 | インド哲学
e0211877_23162242.jpg


前回はインド哲学による結婚する意味についてお伝えしました。

今回は、インドの伝統的な結婚式と、その儀式に含まれる哲学的な意味もお伝えします。
なかなかロマンチックで、素敵な意味が込められていますよ。

「私はこの人生の目的を果たすために一緒に支え合うパートナーが欲しい」と思ったら、結婚をするにふさわしい時期です。

正しい道を歩いていくには、正しいパートナーが必要になります。

そのため、新郎(新婦)はまず、年長者に「どうぞ私に正しい花嫁(花婿)を見つけてください」と頼みます。
新郎は年長者の使者に対してマントラを唱えます。

「尊敬される年長者よ、私の代わりに行ってください。
ふさわしい相手を探してください。
そしてその両親に、私にその娘をくださいと頼んでください。
インドラ神にも頼みます。相手を探す手伝いをしてくれますように。
そうすればインドラ神が他の神々にも頼んでくれるでしょう。
もし相手が見つかったら、私はあなたにヤジュニャ(祭祀)をします。正しい相手が見つかったときのみ、ヤジュニャが出来るのです。そして毎日捧げものをします。
だから、インドラ神や神々が相手を見つけて来てくれますように。
至高の神々があなたに仕えているように、私も仕えます。
しかし私にはその前に正しい相手が必要なのです」

これを、1バラ・プレーシャナムと言います。
年長者はこの人なら!という、知恵を持っていて自信をもって勧められる相手を探してきます。
相手を見つけたら、まずジョーティシャ(インド占星術)で相性を見ます。
ここでNGなら再度見つけにいき、OKでお互いに話を進めてよければ、結婚することが決まります。

もし、頼める年長者がいなければ、正しい相手を自分自身で見つけにいきます。
ルクミニー姫に両親が見つけて来た相手はなんと悪魔でした。
そこでルクミニー姫はクリシュナに手紙を書きます。
「私をあなたの妃にしてください!」
そして、クリシュナ神はルクミニー姫を奪いにいきます。
どちらにしろ、相手を選ぶのも受け入れるのも、識別心が必要になります。
そのため、伝統的なインドの結婚相手選びは識別心のある年長者を使者にすることになっています。

さて、新郎はめでたく新婦を見つけました。新婦の両親も了解し、結婚の日取りを決めます。
そして、結婚式の当日になりました。

2 ニルバンダ 「ニル」は良く、「バンダ」は結びつけられるという意味です。
2つの家族が大変良く結びつけられたという意味の儀式です。
結婚式当日、新郎は新婦の家へやってきます。新婦が主役なので新婦の家で贈り物のやりとりをするなど、全ての儀式が行われます。

3 カンニャーダーナム 「カンニャー」とは未婚の女性、または結婚する人。「ダーナム」は差し上げる、という意味です。新郎は新婦をもらい受けるという儀式をします。

4 パーニーグラハナム 「パーニー」は手、「グラハナム」は了解する、という意味です。
新郎は新婦の手を取ります。なぜ手を取るのでしょうか?
それは、新郎も新婦も、お互いのダルマ(人生における道・義務)を果たすのにお互いの手を必要としているという意味を表すからです。

5 ハスタ・グランティ 結ばれた手、という意味で、本当にお互いの手を聖なる紐で結びつけます。
「ここに、今ダルマのために二人の手が結びつけられました!」とみんなの前で司祭に宣言されます。

6 マンガリヤ・ダーラナム 新郎は「マンガラ(吉祥な)スートラ(紐)」というネックレスを新婦の首にかけます。

7 プラダクシナ 儀式中に焚いている火の周りを歩きます。
火はどんな宗教の儀式をする時も中心にあります。人生のあらゆる場面を目撃しているのが火の神です。
結婚を目撃した人々もいつかはこの世からいなくなってしまいます。歴史の中で、誰がいつまでも二人の結婚を認めていてくれるでしょうか?それは、この火の神です。火は結婚の目撃者と言われます。

8 サプタ・パディ 「サプタ」は7つの、「パディ」はパタ、踏むことです。
天界は7つあるといわれています。火の周りを時計回りに7歩あるくことで、夫婦でダルマを果たし、その7つの天界を一緒に渡っていこうという意味が含まれています。

ここで新婦の家で行う儀式は終了です。

次回は新郎の家で行う儀式をお伝えします。

*写真「バーガヴァタプラーナ:下」美莉亜著 バラマサ・ファールグナ


[PR]
# by yumi-ayurveda | 2014-03-19 23:22 | インド哲学

結婚


e0211877_112391.jpg


人生には16の通過儀礼(サムスカーラ)があります。
その中でも、「結婚」は15番目の通過儀礼「ヴィヴァハ・サムスカーラ」です。
16あるうちで、唯一、相手が必要な通過儀礼です。

この世の中、どんな生物もパートナーを見つけようとしていますが、それはなぜでしょうか?
動物は4つの目的があってパートナーを見つけようとします。

1 食べる(アーハーラ) 食べ物を持って来てくれる。食べる物を作ってくれる。
2 寝る(ニッドラ) 平和に眠ることを助けてくれる。(家があれば安心して眠ることができる)
3 生殖(マイトゥナ) 子孫を作る。
4 恐れ(バヤ) 恐れを取り除いてくれるひとを探す。一緒に戦ってくれる相手。

神々もパートナーを探しています。
しかし、神々は飢えや乾きに困ることはありません。
寝ることに楽しみを見いだすこともありません。
子孫を切望しません。
そして、誰のことも恐れていません。
では、なぜパートナーを探しているのでしょうか。

それは、ダルマ(世の中を支えること、自分が行うべき義務)を果たすためです。
ヴィシュヌ神は世界を維持しています。維持するには富を必要とします。
そのため、ヴィシュヌ神の妻は富を表すラクシュミー女神です。
ブラフマー神は世界を創造します。創造するには知識が必要です。
そのため、妻は自らが創り出した、知識を表すサラスワティー女神です。

人間である私たちは動物と神々の中間の目的で探しています。
飢えや乾きにも悩まされますし、時には寝すぎてしまいます。人生に問題も多く、明日を恐れています。でも、自分自身がこの世の中でどのように目的を果たすべきか、社会の役に立てるかも考えます。

ヴェーダの知識は、物質的なもの(食事や家や家族や仕事やお金など)はすでに今回の人生で得られる分は決まっているので、得る努力はしても、結果には執着しないように言います。
そして、もし結婚するのであれば、それはお互いのダルマを果たし、神々に近づくために行うように教えています。

配偶者のことを、サハ・ダルミニーと言います。
サハは「一緒に」ダルミニーは「ダルマを助けてくれる人」を意味します。
または、サハ・ダルマ・チャーリニー「同じダルマの道を歩く人」と言います。

動物は今を楽しむ、人生を楽しむためにパートナーを見つけようとしますが、
人間はダルマを行って、いずれは悟りに向かえるパートナーを見つけるべきだと教えています。

「もう、何生も動物に生まれてきました。また、動物に生まれるような相手と一緒にいたくありません。より自分が高みに行ける相手をみつけたいのです」

それをハッキリと決めたなら、初めて結婚の通過儀礼を行うことができます。
次回は、結婚式で行われる儀式の意味をご紹介します。

[PR]
# by yumi-ayurveda | 2013-12-26 23:13 | インド哲学

裕福になる方法

e0211877_22194333.jpg


昨日は土星の神様の誕生日、土曜日の新月でした。
どんどん満ちていく月は吉祥・豊かさも表します。
今回はアーユルヴェーダが教える、裕福になる方法☆をお話します。

アーユルヴェーダの教えの中に、「病気を正しく知る方法」という3つの段階があります。

最初は、「信頼すべき人の教え」。これは師匠や先生、聖典の中の言葉。
それを学んだ上で、「直接認識」。触ることによって体が冷えている、黒い色をしているなど、五感を通じて認識します。
そして、最後に「推理」をします。冷えて黒い色をしているのはヴァータによるもの、というように。

推理の例としていろいろなことを教えています。

・アグニ(消化力の強さ)を正しい消化力によって(推理する)。
・知識は正しい対応によって。
・怒りを復讐心によって。
・嬉しさを喜びの表情によって
・好きなことはたびたび取り入れることによって
・嫌いなことは拒否することによって。

...などなど。

その中に、「裕福になることは〜をすることによって」というのがあります。
さて、なんでしょう??

答えは、今6億円で話題の宝くじ...ではありません(^ ^;)

・裕福になることは良い行為を始めることによって

と、書かれています。

良い行為、とは何でしょうか。
アーユルヴェーダでいう、早寝早起き、オイルマッサージ、吉祥な宝石を身に着けること、清潔にすること、食べ過ぎないことなど、日々の生活を正すこともそうです。
そして、嘘をつかないこと、誰かの役に立つこと、他の生命を助けること、知識を求めて心の平静を保つこと、年長者や両親を敬うことなど、精神を清らかにすることもそうです。

なぜこのような行いが裕福になることにつながるのでしょうか?

良い行いをすることは心身ともに健康になるのでお金を稼げるチャンスを得て、それを活かすことができます。
そしてそれ以上に、その行為自体が「ダルマ」につながります。
「ダルマ」には、“支える”という意味がありますが、世の中を支える、秩序を支える、ということです。これは、人として行うべき、正しい道のことです。

私たちの目的は、お金を得ることではなく、本当の至福を得ることのはずです。
ヴィシュヌ神は本当の至福を表しますが、その奥さんが、富と幸福を授けるラクシュミー女神です。
私たちがダルマを行うことはヴィシュヌ神と一緒にいることにつながります。
すると、ラクシュミー女神は自動的に夫の後ろをついていきます。
ところが、ラクシュミー女神は夫に従順なので、彼女だけを追うと、あっという間に逃げてしまいます。

そのため、良い行いをすることが、裕福になる秘訣!というわけです。
裕福とは、お金に限らず、人脈や信頼や尊敬の念を得ることでもあります。

ちなみにラクシュミー女神は夫と一緒にいる私たちに焼きもちをやいて、たまにお邪魔をしてくることも...。

甘い誘惑が訪れたら、ラクシュミー女神の罠かもしれません。
一度深呼吸して、ニュートラルに、良心とともに歩んでいきましょう!

*写真はヴィシュヌ神とラクシュミー女神


[PR]
# by yumi-ayurveda | 2013-06-09 22:27 | アーユルヴェーダ

ギーを作ってみよう♪

e0211877_2202565.jpg


雌牛は生活にかかせない乳を与えてくれる大切な存在で、インドでは神としても崇められています。
そんな乳からできる、「ギー」というオイルは、アーユルヴェーダでは薬としても使われる、欠かすことのできない食材です。

ピッタ(火・すこしの水)とヴァータ(空・風)を緩和させます。
体の熱をとり、柔軟にさせ、肌に良く、体力をつけ、眼に良く、声も良くします。
さらに!記憶力を良くし、消化力を上げ、精神力を強くします。
活力素と言われるオージャスを増やし、精力剤でもあります。

頭脳労働をする人、いつもお酒を飲む人、便が乾燥して出にくい人、性行為を頻繁にする人、眼をよく使う人、体力・消化力をつけたい人、子供を欲している人、記憶力を良くしたい人、若返りたい人...
こんな方は毎日とりましょう!

売っているものもありますが、ギーは無塩バターから簡単に作れます☆
新鮮なギーを作って、毎日食べましょう。
後で紹介しますが、眼が乾燥する人、眼精疲労の人は直接目にも入れられます。
アーユルヴェーダでは、眼の周りに土手をつくってギーを眼に浸す、ネートラタルパナが有名です。

まずは、無塩バターを購入しましょう。

e0211877_22205138.jpg


今回は奮発して高級バターにしました。カルピスの特選バターはちょっと高いですが、とっても美味しくて効き目も良い気がするのでオススメです。
これを、溶けやすくするために適当な大きさに切ります。

e0211877_2226753.jpg


ガラス瓶を一度熱湯で煮沸して乾かしたものに、油こし紙や無漂白コーヒーフィルター、キッチンペーパーをセットしておきます。

e0211877_22335495.jpg


鍋にバターを入れて弱中火で溶かします。(バターの量によって火加減は調節してください)

e0211877_22301722.jpg


e0211877_2228310.jpg


全部溶けてからも熱すると、細かい泡が浮いてきます。
ジュージュー、パチパチという音がして、手をかざすと湿気のある湯気を感じます。
浮いて来た泡は取り除いても大丈夫です。

e0211877_22304150.jpg


さらに熱していくと泡が大きくなってきて、洗濯の泡のような感じになってきます。

e0211877_2232645.jpg


さらに熱していくと、また細かい泡になってきます。
ジュージュー、パチパチという音がなくなって来て、手をかざすと湯気に湿気を感じなくなります。
色も黄金色になってきます。香ばしい香りもしてきます。
そろそろ完成ですが、ここでうっかりするとすぐ焦げてしまうので注意!!
ビンを隣にスタンバイです。

e0211877_22364522.jpg


音が静まって、鍋底に茶色い沈殿物が出て来たら火からおろし、ギーを漉しましょう!

e0211877_2241345.jpg


黄金色の美味しいギーの完成です♪

e0211877_22574919.jpg

今回は30分くらいで仕上がりました。
熱いので、冷めてから蓋をしてください。
常温で2ヶ月保存できますが、冷蔵庫で保存もできます。
冷えるとバターのように固まりますが、温めるとすぐに溶けます。
一日大さじ2杯までとれますが、その分、他の油脂は控えましょう。

トーストやホットケーキにつけたり、不眠症や乾燥性の便秘の人はホットミルクにギーを入れて飲んでも良いです。料理に積極的に使いましょう。

眼が乾燥する人、眼精疲労の人は、眼のふちから一滴、ギーをいれます。
30分ほどするとスッキリしてきます。
結膜炎、ものもらい、眼の病気のある人、熱のある人、寝る前は禁忌です。
眼に入れたらしばらくはサングラスなどして光を直接みないようにします。

日焼けした肌に塗ったり、美容のために顔に塗ってマッサージするのも良いですよ。

簡単にできて美味しくて、体にも心にも良いギーをぜひ生活に取り入れてみてください☆

最初の写真:牛飼いのクリシュナ神と雌牛

[PR]
# by yumi-ayurveda | 2013-05-17 23:03 | アーユルヴェーダ